crepuscule(クレプスキュール)-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

 

この記事を書いた人

ライター活動と並行して東証一部上場アパレル企業にて就業中。販売、VMDを担当しています。

レディース・メンズブランドともに好きで、ハイブランドからドメスティックブランド、ファストブランドまで、新作をSNSでチェックするのが日課です。

 

※当サイトは、広告主から支払われる広告収入を主な収入源として運営を行っています。

crepuscule(クレプスキュール)ってどんなブランド?
ブランドの評判・口コミ、オススメのアイテムはどんな感じ?

今回はこんな疑問を持つ人を解決するために、

  • crepuscule(クレプスキュール)のブランドの”強み”
  • crepuscule(クレプスキュール)の服が向いてる人の特徴
  • crepuscule(クレプスキュール)の評判・口コミ
  • crepuscule(クレプスキュール)のオススメアイテム3選
  • ドメブラの購入時失敗しない方法

これらを網羅的に解説します。

この1記事を最後まで読むだけで、crepuscule(クレプスキュール)の情報について完璧になれるはずです!

合わせて読みたい▶︎【2023年最新版】メンズの人気ドメスティックブランド総まとめ

\ おしゃれは目元からも作ろう /
楽天ランキング第1位
男性の目の下に特化したアイクリーム

\ 全額返金保証付き! /
メンズアイキララ
公式サイトはこちら

crepuscule(クレプスキュール)ってどんなブランド?

 

crepuscule(クレプスキュール)は2012年にスタートしたニットアイテム専門の日本のブランド(ドメスティックブランド)です。

デザイナーは非公開ですが、男性と女性の2人組が立ち上げたことだけは知られています。

crepuscule(クレプスキュール)は、優しくピュアで、飽きのこないベーシックさがある、そんなイメージのブランドです。

そんなcrepuscule(クレプスキュール)のブランドの強みは、素材にこだわった高品質さ。

ニットアイテム専門のブランドというだけあって、天然素材を用いるといった、品質にこだわったブランドです。

素材感や肌触りといったニットならではの魅力を追求したcrepuscule(クレプスキュール)のニットアイテムは、一度手に取ったら虜になってしまうはず。

また天然素材を用いているため、crepuscule(クレプスキュール)のアイテムは色味が自然で馴染みがいいのも特徴的。

オシャレなだけでなく、着心地が良く長持ちするニットアイテムが手に入るのが、crepuscule(クプレプキュール)です!

合わせて読みたい▶︎【2023年最新版】メンズの人気ドメスティックブランド総まとめ

crepuscule(クプレプキュール)の服が向いている人の特徴!

crepuscule(クレプスキュール)のアイテムはこんな人にオススメです。

  • コスパ良く上質なニットが欲しい人
  • 絶妙な中間色の服を楽しみたい人
  • 丈夫で洗濯可能な服が欲しい人

crepuscule(クレプスキュール)は先述の通り、素材にこだわっているのですが、ドメスティックブランドにしては手に入れやすい価格帯です。

ドメスティックブランドというと、洋服は10万円近く、小物であっても数万円する高価格なイメージがありませんか?

しかしcrepuscule(クレプスキュール)は、トップスは2万円程、キャップ等の小物は6,000円程という、ドメスティックブランドに初挑戦というファッション初心者でも挑戦しやすいコスパの良さ。

crepuscule(クレプスキュール)は、上質なニットアイテムをコスパ良く手に入れたい人にはとにかくおすすめのブランドです。

 

また、天然素材にこだわったcrepuscule(クレプスキュール)のアイテムは絶妙な中間色が魅力。

ナチュラルなコーディネートを好む人、発色のいいカラーよりもグレイッシュなカラーが好きという人は、crepuscule(クレプスキュール)のニットアイテムは絶対に好みに刺さるはず。

 

加えて、crepuscule(クレプスキュール)のアイテムは洗濯ができる丈夫な裁縫も魅力です。

毎日でも着たくなる高品質なニットアイテムが洗濯可能というのは、かなり嬉しいポイントですよね。

毎日着られる高品質でオシャレなニットアイテムをコスパ良く手に入れたい人に、crepuscule(クレプスキュール)はオススメです!

crepuscule(クレプスキュール)の評判・口コミは?

では実際にcrepuscule(クレプスキュール)のアイテムを購入した人による評判・口コミを見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

三木 克海(@katsumi__miki)がシェアした投稿

↑crepuscule(クレプスキュール)のVネックニットを使ったコーディネート。

ゆったりとしたデザインのcrepuscule(クレプスキュール)のVネックニットはレイヤードに使いやすいことが分かりますね。

またcrepuscule(クレプスキュール)のニットのナチュラルな色味が、他のアイテムと馴染みが良くまとまった印象のコーディネートになっています!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yano(@__jun1.y)がシェアした投稿

↑crepuscule(クレプスキュール)のクルーネックニットを使ったコーディネート。

crepuscule(クレプスキュール)のニットの絶妙な色味は、ファッション好きの「こんなニット欲しかった!」を叶えています。

ゆったりしたニットの形でもルーズにならず、キレイめファッションに仕上がっていますね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma(@__130ym)がシェアした投稿

↑セレクトショップ・rroomm(ルーム)別注のカーディガンを使ったコーディネート。

crepuscule(クレプスキュール)ならではの凹凸のあるニット地に魅了されたようです…!

発色の良いグリーンですが、crepuscule(クレプスキュール)の特徴であるグレイッシュなカラーに仕上げられているので、色物を着ない人でも挑戦しやすそうですね。

crepuscule(クレプスキュール)のオススメアイテム3選

crepuscule(クレプスキュール)のアイテムの特徴は少しずつ分かってきたでしょうか?

次に、crepuscule(クレプスキュール)のアイテムの内、特にオススメしたい3アイテムを厳選してみました!

crepuscule(クレプスキュール)のアイテムが気になるな・・・と思っている人は、まずは以下のアイテムをチェックしてみると良いはずです!!

  1. ニット(クルーネック)
  2. カーディガン
  3. ニット帽

1.ニット(クルーネック)

crepuscule(クレプスキュール)のニットは、ニットアイテム専門ブランドならではのこだわりと意匠が詰まった一品。

ニットの中でも、特にクルーネックのニットがオススメです。

詰まったクルーネックに、ドロップショルダー、長めにとられたスリーブの組み合わせは、crepuscule(クレプスキュール)ならではのナチュラルでゆったりしたシルエットを創り出します。

また、crepuscule(クレプスキュール)のクルーネックニットは鹿の子素材を用いています。

鹿の子素材は表面の凹凸が少なく、肌との接触面が少ないため、身体にまとわりつかない軽い着心地が特徴。

クルーネックニットは、ナチュラルな着心地のcrepuscule(クレプスキュール)の魅力を存分に楽しめるアイテムと言えます。

2.カーディガン

crepuscule(クレプスキュール)のカーディガンの特徴は、ゆったりとしたパターンメイク。

ドロップショルダーにワイドな身幅、そして長めの着丈と袖丈で、着用時の余裕のあるシルエットが魅力的です。

ニット同様、鹿の子素材を採用したカーディガンは、普通洗濯が可能。

ナチュラルかつ洗濯が出来るカーディガンは普段使いがしやすく、愛用者が多いアイテムです。

またカラーバリエーションも豊富で、自分好みの一枚を選んでも、色違いで数枚手に入れても良いですね。

3.ニット帽

crepuscule(クレプスキュール)のニット帽は、毎シーズンリリースされるブランド定番のアイテム。

価格は6,000円代のものが多く、初めてcrepuscule(クレプスキュール)のアイテムを買ってみるという人にオススメ。

ドメスティックブランドのアイテムを買ってみたいけど、いきなり数万円のアイテムを買うのはちょっと怖い、そんな人でも挑戦しやすい価格帯です。

そんな手頃な価格のニット帽でも、もちろん高品質なのは変わりません。

太めの糸が採用されたニット帽は伸縮性に優れ、性別を問わず着用した人に優しくフィットします。

また浅めのワッチシルエットが定番の形で、どんなコーディネートにも合うベーシックさも魅力的な一品です。

crepuscule(クレプスキュール)などのドメスティックブランドの失敗しない購入方法は?

『では実際にcrepuscule(クレプスキュール)みたいなドメスティックブランドを買ってみよう!』と思っても、高い買い物なので失敗したくないですよね。

ここからは初心者がドメスティックブランドの買い物で失敗しないための購入方法について比較検討してみます。

 

crepuscule(クレプスキュール)のようなドメスティックブランド(=国内ブランド)には4種類ほどの購入方法があります。

実際に全ての方法を試してみた経験があるので、その体験を踏まえてまずはそのメリット・デメリットから解説していきます!

ドメスティックブランドの購入方法は主に4種類

crepuscule(クレプスキュール)などのドメスティックブランド(=国内ブランド)の購入方法は大きく分けて以下の4種類です。

  • crepuscule(クレプスキュール)取り扱い店舗で購入する
  • 通販を用いて購入する
  • サブスクサービス(collEco等)を利用する
  • メルカリ・ヤフオク等の二次流通で購入する

いい世の中になったもので、一つのブランドを買うのにも様々な方法があります。

ただその分、どの方法が一番最適なのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで実体験に基づいて、それぞれの方法のメリット・デメリットを考えてみました!

ドメスティックブランドの購入方法を徹底比較

メリット デメリット
crepuscule(クレプスキュール)取り扱い店舗で購入する ・実物を見て、試着をして購入できるので失敗し辛い

・店舗に置いてあるのは最新シーズンの物が多い

定価なので高い

・アクセスが手間

通販を用いて購入する 手軽に全国の店舗の商品を購入出来る

・品薄の人気商品も、多数の店舗を調べる事で購入出来ることが多い

届くまで実物を見れないので、届いた商品がイメージと違うこともある

・セール品以外は定価で買わないといけない

サブスクサービス(collEco等)を利用する 購入するのに比べてコスパ良く服を楽しめる

・失敗しても返せばいいだけなので、イメージと違った時のリスクが低い

・服が他の人に貸出中の場合は、待たないといけない

・「所有感」が少ない

メルカリ・ヤフオク等の二次流通で購入する 比較的安価に買うことができる

・過去のアーカイブアイテムを購入出来る

届くまで実物を見れないので、届いた商品がイメージと違うことが特に多い

・最新のアイテムが出回りにくい

結論:初心者はまずはサブスクでドメブラに慣れよう

少し意外かもしれませんが、初心者が手を出しやすそうな「メルカリ・ヤフオクでの購入」「通販での購入」は玄人向きで、逆に「サブスクの利用」「取り扱い店舗での購入」がファッション初心者にオススメであることが分かります。

理由は、前者の『オンライン購入』はサイズやデザイン面の知識がないと失敗しやすく、逆に後者の『サブスク・実店舗購入』は失敗し辛かったり、失敗してもダメージが少なかったりするからです。

 

つまりファッション初心者は、

  1. サブスクの利用」→まずは試しに借りてみて、コスパ良くドメブラに慣れる
  2. 取り扱い店舗での購入」→試着をして、失敗しづらい状態で購入してみる
  3. 通販での購入」→自分に似合う服のイメージを完璧に把握できる様になれば、通販を利用する
  4. メルカリ・ヤフオクでの購入」→服のイメージとサイズ感を画面上で見分けられるようになれば、メルカリも使ってみる

こういった順序で買い物の幅を広げていくのがオススメです。

\ おしゃれは目元からも作ろう /
楽天ランキング第1位
男性の目の下に特化したアイクリーム

\ 全額返金保証付き! /
メンズアイキララ
公式サイトはこちら

まとめ

crepuscule(クレプスキュール)のブランドの特徴は以下の通り。

  • ファッション好きの「こんなニット欲しかった!」を叶える高品質なニットアイテムを展開している
  • ニット専門ブランドならではの素材へのこだわり
  • ドメスティックブランド初挑戦の人にもオススメのコスパ
  • 気になる人はまず最初にサブスクサービスの利用や、実店舗に行くのを検討するべし!

この記事を読んで、crepuscule(クレプスキュール)について少しでも詳しくなって貰えたら幸いです。

 

↓その他のドメスティックブランドも気になる人はこちらの記事がオススメです!

\ おしゃれは目元からも作ろう /
楽天ランキング第1位
男性の目の下に特化したアイクリーム

\ 全額返金保証付き! /
メンズアイキララ
公式サイトはこちら

  • コメント: 0

関連記事

  1. my beautiful landlet-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

  2. JOHN LAWRENCE SULLIVAN-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

  3. AURALEE(オーラリー)-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

  4. YOKE(ヨーク)-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

  5. JieDa(ジエダ)-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

  6. blurhms(ブラームス)-ブランドの魅力や評判、おすすめアイテム紹介-

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。